川島織物セルコン・オーダーカーテンの専門店/ミツワインテリア

『ユッカルダ』
FF4692

川島織物セルコン FF4692 『ユッカルダ』 レースイメージ。
加工スタイル: 「フラットカーテン(レース)」 ・ 写真生地: FF4692

『ユッカルダ』は、川島織物セルコンの「filo」新作レースの中でも、特に女性からの人気の高いファブリックスです。
ナチュラルなオーガンジーのベース生地には、1mmにも満たない感覚で細かい縦に流れるストライプが表現されています。そして、この繊細なベース生地に、ラメ糸でエレガントな花柄のパターンを連続的にデザインした、「ナチュラル&ラグジュアリー」のレースは世界的なレースの産地である、トルコ製の高性能の織機により丁寧につくられた、極上の逸品です。





生地イメージ
 
 FF4704 『アサカゲ』 生地イメージ。
 



 川島織物セルコン
生地: FF4692・『ユッカルダ』
カラーバリエーション: 1色
生地幅: 298cm
生地組成:ポリエステル 100%
柄リピート: タテ: 113.0cm, ヨコ: 21.5cm
原産国: トルコ製
生地価格: 
13,200円/m(4,430円/m2)・税別 

 
 





当社納品事例

2011年・東京ビッグサイトで開催されました、第30回『JAPANTEX(インテリアトレンドショー)』の「企業ブース」におきましては、ミツワインテリアの平多 千春(写真右下)が、カーテンレールメーカーの国内最王手企業である『TOSO(トーソー)株式会社』の依頼により、同年の『グッドデザイン賞』を受賞した、『レガートスクエア』を始めとした、5種類の新作カーテンレールにつきまして、協賛カーテンメーカー10社の生地を使い分けるという条件のもと、コーディネート&ディスプレイ展示させていただきました詳細を見る
『リネージュ』を使用した当社トータルスタイリング事例。
川島織物セルコンの、FF4692・『ユッカルダ』をメイン生地にした『アンサンブル縫製』
上部は「ギャーザー」スタイルで統一させました。
『アンサンブル縫製』で、前幕と後幕生地を上部のギャザー芯地の部分以外を分離することによって、レースとドレープのスタイリングバリエーションが広がります。上の写真では、レース部分のタッセルとは別に、真鍮イメージを引き出す、シルク調の生地の部分も、写真右の様な「ジュエリータッセル」を結束位置を変えて使用することで、窓辺のスタイリングをよりゴージャスに引き立てることができます。前幕のレースと後幕のドレープの重なり合う部分、それぞれの独立した個性を、グラデーションを用いたバンドアレンジメントで、より立体的に窓辺を表現することが可能です。
  展示事例の様に、『アンサンブル縫製』スタイルの一体型『フロントレース&カーテン』の前幕に、ゴージャスなレースの役割を持つバルーンシェド(オリジナルアレンジ加工)を使う様なスタイリングも窓周りの設置環境によっては可能なのです。
ゴールドとジュエリーをイメージした、華やかなドレッシーな窓辺をお楽しみいただくためにスタイリングした提案事例となります。







川島織物セルコン・オーダーカーテンの専門店
オーダーカーテン・のミツワインテリア(東京都・神奈川県・横浜市)