「ルナファーザー」施工とインテリア・ペイントの魅力

『ルナファーザー・ 塗装仕上用壁紙』を使用した施工事例



入居前の主寝室(Before)





古い壁紙を剥がした後、全面下地補修を施し、下地の凹凸を完全に修復します。今回はお客様のご要望により、塗装下地用壁紙の施工前にモールディング、腰見切材、巾木を新たに設置し、ブラックの塗装で仕上げました。ック色で仕上げましたました。




次に、フラットに修復された壁下地に対し、フラット塗装仕上専用に使用される特殊な壁紙を施工します。
漆喰(しっくい)塗りの様な美しい質感を持つ「フリース素材」の繊維壁紙に、たっぷりと塗料が塗りこまれます。
塗料が浸透してゆく過程を経る事により、更に強固な壁装へと変わってゆくのが、この「塗装仕上げ専用壁紙」の優れた特徴です。





ドイツ製・『ルナファーザー』の中で、最もテクスチャーの表情がフラットでデリケートな、「フリース素材」の、NO.741番を使用した、フラット(平滑)仕上げの、塗装用下地完成の様子です。





今回、寝室のメインカラーとなる壁面の仕上げ色には、「ラベンダー」を採用いただきました。
また、天井は、黒で塗り上げられたモールディングで空間をセパレートしつつ、壁面より華やか印象の天井に完結させたいというリクエストに応えて、深みのある赤紫色にのカラーコーディネートで塗り上げました。
この様に、個性的なプライベートルームなどでは、モールディングより上方にくる天井の配色で壁面より色調を強めることも少なくありません。
こうして、完全フラットなルナファーザーと、3色の塗料の塗り分けによるコーディネートリフォームが完成いたしました。
華やかな色との組合せに「ブラック」を効果的な配分で用いた、ペイント仕上げによるこだわりのインテリアリフォーム事例です。
 




ミツワインテリア お問い合わせ



ルナファーザー施工とインテリアペイントの専門店/ミツワインテリア