『モダン・クラシック』 スタイルのインテリア・リフォーム

中古マンション 購入後に実施した、『モダン・クラシック』スタイルのリフォームで、デザイナーズインテリアに変身を遂げました。
ススタートを始めた生活空間を包む愛着あるインテリア
こちらは、東京都 板橋区の中古マンションのインテリアリフォームの施工事例です。無垢のフローリングに合わせて、天井と壁の内装をドイツ製・『ルナファーザー(フリース・NO741)」塗装下地用壁紙で強固に作り上げ、仕上げ塗料には、英国『F&B(ファローアンドボール)』社のプレミアムペイントを塗り重ねて、クラシカルとモダンが融合したインテリア空間の基礎を作り上げました。
そして、白系(石灰色)の空間に、同系色の、「モールディング」や「チェアレール」、「マントルピース」、「フレーム」を施した腰壁装飾、個性的な繊維の輸入カーテンなどを加え、一日を通して、自然光の採光や、直接照明、間接照明の低光沢の反射が空間に柔らかい膨らみをもたらすリビングダイニングにボリュームアップいたしました。これにお客様のお好みの家具や照明、インテリアグリーンが加わり、落ち着いたクラシックモダンなインテリア空間が産声をあげました。これから先の生活の中で、少しずつアレンジが加えられ、お客様のライフスタイルを包み込む生活空間が作り上げられてゆくことでしょう。


インテリア・リフォーム 完成時の様子(入居前)

ダイニング・ルームから見た、奥行きのあるリビングの様子です。、梁(はり)に埋め込まれたカーテンボックスから床まで伸びる輸入カーテンは、素材感が豊かで、ダウンライトの光を受け美しく輝いています。間接照明を活かした、光の陰影と遠近感を引き出すのが、低光沢でフラットな塗装仕上げの壁装の魅力です。小型の洋風収納折戸も、丸いゴールドの取手がダウンライトとの相性が良く小粋なアクセントになっています。


リビング・ルームの奥側からLDKを見渡した様子です。4枚折戸の収納クローゼットもフレームを大ぶりに仕立て存在感をより強調させています。なお、クローゼット扉を含め、室内ドアやフローリングとの境界の「幅木(はばき)」、腰壁部分のフレーム、キッチンカウンターは、中性洗剤などを使っての拭き取りも気軽に出切る、「半ツヤ」の塗装で仕上げられています。これにより、適度な光沢感の差が生じるために、ツヤ無し塗料との境界のメリハリが強調されます。また、室内に「瞳の輝き」の様な適度な潤い間が生まれるのです。



『照明の持つ魅力』 を引き出す、「インテリア・ペイント」 の味わい。
個性的な様々な照明がインテリア空間に優しさと温もりをもたらし、広がりを感じさせています。



『優美なスウィートルーム』 ・ 主寝室
 英国製・輸入壁紙の「アクセントウォール」
英国製ペイントによる塗装と、輸入壁紙、モールディングでコンビネーションされた上質な『主寝室』のインテリアコーディネート。
* 採用塗料(天井+一部壁): FARROW&BALL(ファローアンドボール)・『LIME WHITE(1)』
* ベッド後部・壁面壁紙: マナトレーディング(英国製・輸入壁紙・W6010/02)

輸入壁紙とコーディネートされた、「ベッドリネン」。
様々なバリエーションの「ベッドリネン」と、窓辺を飾る上質なスウィートルームを思わす輸入カーテン、そして壁紙のアンサンブル。
* 採用塗料(壁): FARROW&BALL(ファローアンドボール)・『LIME WHITE(1)』
* オーダーカーテン&レース: マナトレーディング「マナテックス」・ 前幕ドレープ「バロス(34)」、レース:「フィル(1)」




『エントランス ルーム』 ・ 玄関・廊下

玄関の扉を開けて、一直線にLDに伸びる『エントランス・ルーム(スペース)』は、
欧米スタイルのインテリアリフォームの予感を感じさせるアプローチ演出効果が高いと言われています。
「エントランス スペース」である廊下は、ナチュラルな無垢のフローリング材で仕上げられております。板橋区は当社の大規模リフォームの営業エリア外でしたので、今回は、一般的に行われる木工事の部分を地元の施工業者の方に分離発注していただき、装飾リフォーム部分を当社がお承りさせていただきました。
この様な分離発注スタイルのリフォームでしたら、先行する工事が完了後に続けて、工事に入ることができますので、リフォームの規模やプランによっては営業エリア外でもご相談いただけます。
さて、エントランス スペースの天井色は、LDと同じ、石灰色調のホワイトカラー『F&B・(POINTING・2003)』で統一されていますが、壁面のカラーは、『F&B・(ELEPHANT BREATH・229)』という「ナショナルトラストカラー(英国の歴史的建造物の修復用に指定されている色のこと)をご採用いただきました。ほのかにベージュの要素が含まれているやや薄めのグレーの塗料です。エントランスエリアに、自然の温もりと、『象の吐息』の名があらわす、ゆったりと落ち着いた雰囲気が醸し出されています。
東京都板橋区 中古マンション 入居前リフォー



()「欧米スタイルのモダン・クラシック」インテリア
トータルインテリア・リフォームのミツワインテリア(東京都・神奈川県・横浜市)