装飾バランス(上飾り)の専門店・英国クラシックスタイルからプリンセスススタイルまで実績豊富です。東京,神奈川,横浜・出張対応

当社トップページ オーダーカーテン 輸 入 壁 紙 モールディング マンション・リフォーム
装飾バランス 東京
 『装飾バランス』  事例
装飾バランス 価格
 『憧れの装飾バランス』のページでは、ヨーロッパで数百年の歴史を持つ「装飾バランス」の基本スタイルの紹介を実際の施工事例を交えてご紹介しております。お好みのスタイルバランスの製作につきましては、お気軽に専門スタッフにご相談下さい。
「東京」・「神奈川」・「横浜」・「川崎」を中心に出張対応いたします。
『ミツワインテリア』は、東京都、神奈川県を活動エリアとする、トータル・インテリア スタイリング施工の専門店です。
当社ショールームでは、約1,000点の縫製展示品や、豊富な「輸入カーテン」のセレクションカタログから、「装飾アクセサリー」まで、幅広い提案アイテムをご用意しております。
展示サンプルは、実際の現地採寸・お打合せ時にお持ちできますので、お客様がイメージ確認しやすい、
『装飾バランス』のスタイリングや細やかなコーディネート提案が可能です。
また、長年の経験を培って参りました当社の専門スタッフが連携をとり、「インテリア リフォーム」も含めた、トータル・インテリアコーディネートのご提案まで対応させていただくことができるのが、我々・ミツワインテリアの特徴であります。
装飾バランス 横浜
神奈川県 横浜市 神奈川区 マンション・入居前 インテリア リニューアル事例 
ウィンドー・トップトリートメントとしての『装飾バランス』は、クラシカル、エレガンス、コージャス、トラッドといった正統派のスタイリングが主流ですが、文化の融合と国際化が急速に進む近年の傾向としては、これまでの伝統的な枠にとらわれない、いわゆる『ミックス・カルチャー』的ともいえる、多国籍要素のインテリア表現が、生地の「素材」・「パターン」・「配色」を通じたスタイリングの世界まで関わってきています。
さらに、多様化するライフスタイル、個性、年齢、性別といった要素も加味され、円熟した大人の世界だけでなく、若い世代のインテリア演出などにも気軽に採用される様になってきております。
当社では、ショールームで展示しております、1000点を越える国内外の厳選された生地サンプルをコレクションしておりますので、お好みのファブリックスを探していただきながら、お客様との共同作業で選ばれた生地を使って、様々なスタイルの装飾バランスのスタイリングをご提案させていただいております。
個性を育む、オートクチュールな窓辺をご自身の家で作り上げてみませんか?
 
ご提案コンセプト
スタイルバランスの製作には、適切な生地の選定と入念な打合せが必要です。トータルインテリア・リフォームもレパートリーとして手がけている当社では、お客様とのコミュニケーションを大切にしてプランニングしています。
どのような間取りのお部屋で、そのイメージする生活スタイル、配置されている家具や、フロア材、壁紙、照明の特徴などをおうかがいしながら、スタイリングを提案させていただいております。
   当社スタッフ紹介
「クラシックエレガント」提案事例
   詳細を見る。
新着納品事例。 
FISBA カーテン 割引
   『リビング・ダイニング』 でのコーディネート事例を見る。
 
 『中古マンション』 ご入居時における 「フラットバランス」コーディネート事例。
「主寝室」での「装飾バランス(フラットバランス)」納品事例。
   『主寝室』 のコーディネート事例を見る。
 
 『 デザイナーズギルド』 のファブリック をメインに使用したコーディネート事例。
デザイナーズギルド カーテン
   『ゲストルーム』 のコーディネート事例を見る。
 
 『賃貸マンション』 ご入居時における 「スワッグ バランス」コーディネート事例。 
「主寝室」での「装飾バランス(スワッグ バランス)」納品事例。
   『主寝室』 のコーディネート事例を見る。
 
『 FISBA(フィスバ)』 のファブリック をメインに使用したコーディネート事例。 
フィスバ カーテン 特価
   『主寝室』 のコーディネート事例を見る。
     
 「住まいのリフォーム」に合わせての、窓辺の「リニューアル事例」。
ウィリアム・モリスの作品を使用した「装飾バランス」。
 こちらは、築40年の注文戸建住宅を、本格的な「英国クラシック スタイル」のインテリアにリノベーション・リフォームをされたお客様宅でのウィンドゥ・スタイリング事例です。
もともと「和室」であった奥側の居室を新たに「リビング」にリノベーションされた際、リニューアルされた「掃出窓」に、川島織物セルコンの織物生地でリリースされている、ウィリアム・モリス、1862年の作品、『Fruits(フルーツ)』のファブリックをご採用いただき、窓辺のトータル スタイリングをさせていただきました。
神奈川県 川崎市 戸建住宅・「ウィンドゥ・スタイリング」事例  「スタイリング」の詳細を見る。
 
 『装飾バランス』 についての豆知識
ヨーロッパにおける『窓」の歴史
ミツワインテリア
スタイリング アドバイザー
平多 千春
『スタイリング・プロ』メンバー
『窓』 の持つ役割の変遷と, 『カーテン』 の登場
ヨーロッパの歴史の変遷の中で、建築やインテリアの様式(構造・デザイン)は、風土や文化、宗教、生活習慣の影響を受けつつ変化をとげてきました。元来、ヨーロッパの窓に対する価値は、採光以外では、外敵から身を守る防備に重点が置かれていただめ小さく造られており、装飾的要素を求められることもありませんでした。しかし、13〜14世紀を最盛期とするゴシック時代を迎えると、建築様式の変化に伴い、窓を大きくとるようになり、権威の象徴である宮廷や、聖堂、教会、大邸宅などでは装飾製の高いステンドグラスが使用されるようになりました。その他室内装飾における当時の装飾手法は、壁面に宗教画や肖像画をかけたり、色彩豊かなタペストリーなどを飾って室内の雰囲気を高めるものでした。また、同時代の一般住宅の窓には、シャッターや日除け、防寒用としての布がかけられるようになり、その後次第に一枚掛けの「窓飾り」としての意味を持つカーテンが掛けられるようになりました。
東京ビッグサイトで開催された、『ジャパンテックス2011(インテリアトレンドショー)』において、企業ブース(TOSO株式会社・カーテンレールメーカー)のスタイリングディスプレイを、当社、平多千春(『スタイリングプロ』・メンバー)が手掛けさせていただきました。 
『装飾バランスの歴史』
駐日・英国大使館・大使公邸にて
インテリアコーディネーター
色彩コーディネーター

梶川 完之(まさのぶ)
駐日・英国大使館・見学レポート
『装飾バランス』のスタイルの変遷の概要を考察する。
ヨーロッパにおける『装飾バランス』の歴史の始まりは、中世のルネッサンス時代(15〜16世紀)に端を発したといわれています。窓装飾としてのカーテンや上飾りとしてのバランスは,ベルベットや錦織などの重厚感のあるファブリックスとの組合せと共に注目されるようになりました。

建築様式としての
『ルネッサンス様式(15〜16世紀)』においては、古代建築のモチーフが再び採り入れられたため、デザインの基本原理としての「シンメトリー(左右対称)」と「バランス(均衡)」が重視されるようになりました。このような背景のもと、上飾りとしてのバランスもその原理にのっとり、直載的で水平ラインを強調した形で誕生しました。

その後、バロック時代『バロック様式(16〜17世紀)』は、直線のラインに曲線(カーブ)が加えられ、より荘厳で躍動的なスタイルへと発展しました。バランスのファブリックス部分には、菱形模様や花、太陽等のモチーフが刺繍され、装飾効果はより一層高められました。
18世紀前半の『ロココ様式』では、バロック調の直線的なデサイン要素は姿を消し、より曲線的で優雅なものが求められるようになりました。デザイン的には、下部に括弧型と呼ばれる曲線で縁取りを施し、上品さを表しました。バランスは、一定の比率寸法によって作られるようになり、窓の大きさとの調和がより重要視されるようになりました。

18世紀後半の『ネオクラシシズム様式』は、再びシンメトリーと古典的な直線的なプロポーションが重視されるようになりましたが、フラットなバランスにやわらかな線を表現できるスワッグをプラスすることによって、今までにないヒダの膨らみによる穏やかで優美な表情のあるバランスへと発展しました。

18世紀末、後のヨーロッパの歴史に多大な影響を及ぼすフランス革命による混沌の中、古典主義や異国情緒を求めるロマン主義が流行し、様式の統一は失われ、集大成として過去のさまざまな様式が折衷されるようになりました。そのような状況下で誕生した
『アンピール様式』のバランスデザインは、ネオクラシシズムで発達したスワッグの優美さをそのまま生かし、槍形の木製のバー(レール)にスカーフ状にかけられたスワッグ&テールなどのようなシンプルで自由なバランススタイルなどを生み出しました。

今日のバランススタイルは、大別すると上記のような歴史的変遷を経て、自由な形でアレンジされています。飾り手の嗜好と表現力により、手軽なスタイルのものから、過去のインテリア様式を忠実に再現するものまで多岐にわたり愛用されています。


 「装飾バランス」の基本形。 『ハードタイプ』 と 『ソフトタイプ』 バランス。
『ハードタイプ(ペルメット)』と『ソフトタイプ』
 『ハードタイプ(ペルメット)バランス』  詳細
日本では、『バランス』という語をもって、上飾りの総称として呼んでいますが、英国では布製のソフトでヒダのあるものを『バランス』、ストレートバランスの様に、ハードな板や芯の入ったタイプのものを『ペルメット』と呼び、使い分けています。平面、水平、直角、直線の要素が強いペルメットは、窓辺をすっきり、スタイリッシュに引き締めますが、規則的なウェーブや伝統的なカットデザインを施したペルメットも、平面的な形状の中で、生地の個性を引き立てるにあたって採用されます。
平面的な「ペルメット(ストレートバランス)」に対して、曲線的なデザインとヒダやスワッグを多種多様に採り入れた、ソフトタイプのバランスは、室内空間を柔らかく優美に演出します。特に、ゴージャスなインテリア空間を表現する際には、「スワッグ&テール」を初めとした様々なソフトタイプの装飾バラ
ンスが採用されます。この様に、「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」では、空間に与える印象が変わりますが、基本的なフォルムの特質を踏まえたうえで、トリム(フレンジ)フリルといったスタイルのアウトラインを引き立たせるアクセサリーを付加しながらスタイリングしてゆくと、オリジナリティが高まります。
寸法比率
 『スワッグ&テール 詳細
 『キングストンバランス 詳細
現代の住宅事情において、バランスの装飾効果を高めるポイントとして、まず第1に考えなければならないのは、天井や窓の高さとバランスの寸法比率の確認です。一般的にはカーテンの丈の15%程度をバランスの丈として、カーテンの吊元が見えないようにバランスをかぶせるのが基本です。しかしバランスのスタイルはもちろん、窓と天井との距離関係や、窓枠の高さの高低によってカーテンの吊り元とバランスの重なりの度合いが調整されるため、窓を取り巻く状況によって仕上がる印象は変わります。
そのため、まずは実際の現場を見ながらスタイルと寸法比率の入念な打合せをすることが必要となります。
『箱ヒダストレートバランス』イメージ
 『装飾バランス』  スタイリング集
ヨーロッパで数百年の歴史を持つ「装飾バランス」の基本スタイルの一例をご紹介しております。当社では、海外のスタイリングブックやインテリア書籍での事例を多数ご用意しておりますので、掲載以外の装飾バランスも製作可能です。
『キングストンバランス」施工例
当社の「施工事例集」を多数ご紹介している、『装飾バランス』 のスタイリング図鑑です。
  ストレート バランス(ボンディング・フラット) 
 ストレート バランススクエアカット)
   
 ストレート ウェーブ バランス
ストレート バランス・デザインカットトリム付)
   
 ストーレート バランス(フラットデコカット/トリム付)
 キングストン バランス(トリム付)
   
 ボックス バランス(箱ヒダストレート)
 リバースボックス バランス(逆箱ヒダストレート)
   
 「プリーツ バランス」「ゴブレット バランス」
 ギャザー バランス(クレープストレート)
   
ギャザー バランス(ペンシルウェーブ)
 ギャザー バランス(ペンシルカーブ)
   
 スワッグ&テール バランス
 スワッグ&テール バランス ジャボット(ネクタイ)付
   
  ボウ(シングル)スワッグ&テール バランス
  スカーフバランス(バイアス)装飾カーテンレール
   
『バルーン シェード』、『オーストリアン シェード』 のスタイル集
「バルーンシェード」や「オーストリアンシェード」は、「装飾バランス」との相性も抜群のウィンドウアイテムです。ドレープやレース生地を単独で採用しても装飾性に優れています。優美で贅沢な空間を演出いたします。
『バルーンシェード(バルーンスタイル)』
『バルーンシェード』は、ローマンシェードを引き上げた時に裾部分がふくらみのある、バルーンの様な曲線を描き、また、引き下げた時は通常のカーテンの様に見えるシェードスタイルのことをさします。イギリスでは、このバルーンシェードも後述する「オーストリアンシェード(ブラインド)」の範疇で呼ぶこともあります。ギャザーをたっぷり使った柔らかなものが代表的で、シアー(透過性のある生地/レース)や、薄手のカーテン生地を用いることが多いようです。優美で女性的なイメージを演出するため、様々なスタイルと併用されたり、出窓の装飾に使われることが多いスタイルです。
バルーンシェード レース バルーンシェード ダブル
「バルーンシェード(フリルなし)」
 施工事例
「バルーンシェード(フリル & トリム付)」
 施工事例
『オーストリアンシェード(オーストリアンスタイル)』
『オーストリアンシェード』とは、全体に細かいウェーブ(曲線)をスタイルのローマンシェードのことを指し、通常は下げた状態で窓を飾ります。その名称から想像するとおり、18世紀から19世紀に゜かけてのオーストリアで流行したスタイルです。スタイルの特性上、使用する生地の量が多いので、ボイルやオーガンジーの様な軽量で柔らかい生地が適しています。優雅で豪華なイメージが際立つこのスタイルは、劇場や商業施設、文化施設などのエントランスホールなどでよく見かけることができます。
オーストリアンシェード オーガンジー オースラリアンシェード 事例
「オーストリアンシェード(フリル付)」
 施工事例
「オーストリアンシェード(フリル付)」
 施工事例
写真は、「バルーンシェード(フリル付)」
製品高さは、「バルーンシェード」、「オーストリアンシェード」の幕体がフラットになるまでおろした際の高さとなります。お好みのスタイルにより、フリルをつける場合とつけない場合をお選びいただけます。
   『バルーンシェード』・上部ヒダの仕様  
「バルーンシェード」も、窓の形状や求めるインテリア性、更には使用する生地の特性の違いによって個別に製作仕様を選定することができます。
ギャザーヒダ プリーツヒダ ボックスヒダ
細やかなギャザーが寄ったタイプ。 柔らかな生地に向いています。
3つ山ヒダでタックをとるタイプ。中厚の生地に向いています。
箱ヒダでシンプルなタイプ。 張りのある生地がスタイルに向いています。

ボックスヒダは
フリルなしとなります。
製品高さ フリル丈
480mm
〜2,200mm
120mm
2,210mm
〜3,000mm
160mm
バルーンシェードの裾フリルの丈については、製品高さに応じて、 上記のようなフリル丈が目安にになります。

様々なお客様のご要望に合った、『トータルインテリア』のスタイリングをお手伝いさせていただきます。
当社納品事例で見る、『装飾バランス』 と相性の良い、「インテリアコーディネート集」
『英国風インテリア』の専門ページを見る
 輸入壁紙
 モールディング
シーリングメダリオン 
 キッズルーム
 インテリア・ペイント
出張可能エリア

『トータル インテリア リフォーム』 対応エリア

東京都
大田区 品川区 渋谷区 世田谷区 新宿区 杉並区 千代田区 中央区 中野区 文京区 港区 
目黒区 江東区 町田市 
その他ご相談ください。


神奈川県
大和市 川崎市 相模原市 綾瀬市 海老名市 厚木市 座間市 鎌倉市 横須賀市 秦野市 
伊勢原市 茅ケ崎市 平塚市 
藤沢市 その他ご相談ください。


横浜市
青葉区 瀬谷区 旭区 緑区 泉区 保土ヶ谷区 戸塚区 南区 金沢区 中区 神奈川区 鶴見区 
港北区 港南区 都築区
 その他ご相談ください


 
   

『おしん』の子役で有名な小林 綾子さんによる、来店インタビュー動画がご覧いただけます。
ミツワインテリアは、東京都、神奈川県を活動エリアとする、トータルインテリアの専門店です。店内ショールームでは、1,000点の縫製展示品やアクセサリー、国内外のカタログを取り揃えて、『装飾バランス』や、各種『スタイル・カーテン』を始めとした「ウィンドゥ・トリートメント」のご相談や出張依頼にあたらせていただいております。1969年の創業以来、長年培って参りました当社の経験を、当社の専門スタッフが連携を取り合いながら、お客様のご要望にあたらせていただいております。



装飾バランス・トータルインテリアの専門店・ミツワインテリア(東京都・神奈川県・横浜市・出張対応)